結婚式・披露宴 豆知識

地域で異なる結婚式の習慣やマナーの違いなど
知っておきたい結婚式の豆知識についてご紹介します。
結婚式にまつわる豆知識を知って結婚式をより一層楽しみましょう。

酒入れ

結納に先立って、『酒入れ』という儀式を行うことがあります。『手締め』『樽入れ』とも呼ばれて、結納の日取りの打合わせを兼ねて行う前祝的な盃事です。その際は新郎側が『酒肴料』または『角樽1升』を用意します。現在では、その形だけが残るようになり、結納の席で同時に行われることもあります。

風呂敷入れ

酒入れや結納に先立って、男性側の親がちりめんの風呂敷を納めた桐箱を女性宅へ持参する風習です。風呂敷入れの由来はいくつかありますが、かつて大変高価で貴重だった風呂敷に、『お宅の大切な娘さんをいただきたい』という意味をこめたり、話し合いを丁寧に包んで相手方に持っていくという意味がこめられていたと言われています。この風呂敷は結婚に際して、嫁入り道具の一つとして持たせ、仲人や親戚などへの贈り物を持参する際に使用したりします。元々、北信地域を中心とした風習で、現在は結納の席で同時に行われることもあります。

「酒入れ」も「風呂敷入れ」も、婚礼に際し、両家の結びつきを深めるための祝事です。そこには相手方の気持ちへの配慮、これからの両家のお付き合いをより確かにするための気持ちが込められているといえるでしょう。

姑の土産(しゅうとのみやげ)

酒入れや結納の当日に、男性側では女性側の家族や親族に、手土産やはなむけを持参するケースがあります。手土産には、両家お近づきのしるしの意味があり、はなむけとは結婚する本人たちへ贈る金品のことを意味します。
中信地域にははなむけの意味合いに似るもので、『姑の土産』という風習があります。これは男性側の母親から女性へ、お土産として現金や品物を包んでいくと言うもので、かつては着物の反物を贈り、それを仕立てて嫁入り道具の一つとして嫁いできてほしい、という意味合いもあったようです。現在では、現金やパールのネックレスなどが贈られることが多いようです。

鉄漿親(はねおや)

結納ならびに結婚式に際して、媒酌人ご夫妻の他に、はね親(かね親とも読む)をたてる場合があります。明治以前、既婚女性は『お歯黒』という歯を黒く染める化粧をする風習がありました。『鉄漿』とは『お歯黒』を意味し、『鉄漿親』とはお歯黒の化粧を手伝う役、または既婚女性を指しています。
一般的には新郎の近い親戚筋にあたる夫妻が、挙式や披露宴の際に、新郎新婦の面倒を見たり、先導をしたりしていました。媒酌人よりもいっそう身近にあって、何事によらず、結婚後も新郎新婦の相談役、親代わりになると言う役割を担っています。

万歳三唱

banzai_img

披露宴の結びに、新郎新婦、そして両家の幸せを願って、万歳三唱をするという風習があります。万歳には、おめでたいことや嬉しいことが末永く続きますようにと言う意味が込められており、長野県では結婚式だけではなく、祝い事の席の結びにも万歳三唱をします。

引出物

hikidemono_img

ゲストへのおもてなしとしてご用意する『引出物』。品数や品目など、地域性により異なりますが、中信地区では3~4品目が一般的です。

結婚記念の品として、ゲストの手元に残る物『記念品』近年はカタログギフトも増えましたが、お客様のご自宅で末永く記念の品としてお使いいただけるような時計や漆器類が昔は主流でした。

ご自宅での振る舞いとして用意する『引菓子』引菓子の代表格といえば「バームクーヘン」。ドイツ語で「年輪の焼き菓子」を意味するお菓子で、長寿や繁栄、家族の末永い幸せに祈りを込めているため、いつの時代も人気のお菓子です。

生ものの折り詰め代わりとしての『折替わり』折替りとは、昔は披露宴のお料理を折詰にして持ち帰ったことに由来し、現在ではその折詰の代わりとして鰹節を引くようになったといわれています。鰹節は『雄節・雌節』と対になっているため縁起が良く、また、長持ちする食材のため、末永い幸せという意味もあります。

結納

結納の起源『婚礼』は、『誕生』と並んで人生における3つの需要な儀式(三礼)に数えられます。『婚礼』には、『三儀』=『納』『式』『宴』があり、三儀の最初の儀式『納』がすなわち結納です。結納は、礼儀を重んじた武家社会の室町時代に礼法が始められ、これをもとに時代の変遷を経て、現在の形式が出来上がってきました。最近では、合理的に簡略化される傾向にありますが、長い伝統に培われた約束事であり、婚礼の儀式の1つとして、大切に考えたいものです。

結納の意義結納という言葉は『言い入れ』または『結うのもの』からきています。『たのみ』という地方もあり、つまり正式なプロポーズの意味になります。大切な人生の伴侶をいただきに上がる時に、言葉の口約束だけでなく、ちゃんとしたしるしを添えてお願いにあがるのです。そのため、結納を納めたあとは、ふたりは婚約者として社会的にも認められ、両家は実質的に親族としてのお付き合いを始めることになります。